スーパーカミオカンデのニュートリノ・センサーを開発した優良企業

小柴昌俊さんに続き、素粒子物理学の分野で今年ノーベル賞を受賞した梶田隆章さん、その実験の舞台となったのが、岐阜県飛騨市にあるスーパーカミオカンデです。地下1000メートルに高純度の水をたたえた巨大な水槽の壁面には、11,000個のニュートリノのセンサーがります。このセンサーを開発したのが、静岡県にある浜松ホトニクスです。

浜松ホトニクス株式会社

「光」をテーマに新技術を開発していて、この分野では世界一のシェアを持っているとのことです。

また一つ、世界に誇る日本の優良企業を見つけました。

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です