春菊の苦味は加熱しすぎにある

NHKのためしてガッテンで、春菊の苦味は葉の加熱しすぎが原因であることが紹介されていた。

春菊の茎と葉を分けて、茎は多めに火を通して、葉は食べる直前の10~20秒に鍋に入れるとよいそうだ。また油でいためると苦味が消えるとのこと。中国では、茎と葉を分けて油でいためるそうだ。

春菊の原産地はギリシャでマーガレットの種類。ギリシャでは食べることはなくもっぱら花を楽しむらしい。春になると黄色いきれいな花が咲く。

春菊の若葉のハーブティーもおいしいとのこと。

国が変われば味わい方も違うようです。フランスでは、茎の先の若葉の部分を好むそうです。香りがよいとのこと、今度試してみよう。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です