FX(Foreign Exchange)とは外国為替のことです。日本の正式名称は「外国為替保証金取引」あるいは「外国為替証拠金取引」といいます。
外国に行くときに、円をドルに両替しますね。そして帰ってきた時に残ったドルを円に両替しますね。帰ってきた時に、円が行く時よりも値下がりしていれば、多くの円が戻ってきて得した気分になります。逆に円が値上がりしていれば、受取る円が少なくなって損をした気分になります。FXの原理はここにあります。

よくある疑問が、1ドル100円から110円になった時円安になったといいますが、どうして安くなったのかということです。円の数字が多くなっているから高くなったのじゃないかと。
次のように考えれば理解できます。1円が何ドルなのかを考えます。
1ドル=100円 → 1円=0.01ドル(1セント)
1ドル=110円 → 1円=約0.009ドル(約0.9セント)
1円の値段が安くなっていますね。つまり円安です。

レバレッジについて

1ドル=100円の時 1,000ドル買いました。(100,000円必要)
1ドル=105円の時売りました。すると利益は 1,000×5=5,000(円)となります。
それでは面白くないというので「レバレッジ」という手法があります。倍率のようなものです。

例えばレバレッジ10倍にすると、10分の1の資金で取引ができます。つまり上の例ですと、資金
100,000円で1,000,000円相当のドルを買い、上と同じに動いた場合、50,000円の利益を得ることができるのです。そのかわり決められた額の保証金(証拠金)を積みます。手数料とは別です。
上のようにいけばよいのですが、必ずしも思い通りにいかず円高になって損をすることもあります。レバレッジを高くすると損失のリスクも高くなります。それで、レバレッジは25倍までに制限されています。

FXは買い→売りだけではない

普通は買ってから売りますね。しかしFXの場合、円高になると予想したら、売ってから買い戻すこともできます。要するに先物取引と同じです。
「買ってないものをどうして売れるんだ」という疑問が湧いてきます。これがどうしても理解できない方が多いです。当然です。
FX(先物でも同じですが)での売買は、実際の物(たとえばドル札)を引き渡すのではなく買う約束、売る約束をするというように考えたら解りやすいでしょう。そして反対売買で清算してその差額が損益となるわけです。

FXにはスワップ金利というものもある

これまでの話は「為替差益」に関するものでしたが、FXには「スワップ金利」で利益を得るという方法があります。

金利の異なる2通貨間の金利差を円に換算したものをスワップ金利(またはスワップポイント)といいます。計算式はFX業者によって異なりますが、基本的には次のようになります。
金利の低い日本円で金利の高いオーストラリアドルを10,000ドル(1万通貨といいます)買うとします。
現在(2014年5月)はだいたい以下のような状況です。
政策金利: 日本 0.1%  オーストラリア 2.5%   金利差は 2.4%
為替レート: 1オーストラリア・ドル=93円
そうしますと、
1年間のスワップ金利 = 93 × 10,000 × 2.4% = 22,320(円)
1日のスワップポイント = 22,320円 ÷ 365(日) = 61円
この1日のスワップポイントが毎日得られることになります。1年間保有していれば22,320円になりますから、日本の銀行に預金するよりも有利ということになります。中長期の投資向けです。

FXはどこでできる

証券会社や銀行、商社などさまざまなところで扱っています。インターネットでもできます。
このようなサイトがありました。 FX取引業者一覧
FX業者によって手数料やスワップポイントが異なりますから、よく比較して選びましょう。



注意すること

為替変動の動向を見極める

当然のことながら、外国為替の動向を常に見守っている必要があります。

20141212fx

上のグラフは、2010年1月から現在(2014年11月)の外国為替の変動(対ドル)を表したものです。最近の急激な円安(この図では上向きとなる)傾向がわかります。2014年9月ごろから急激な円安に向かっています。ドルを買っている人は儲かっていますが、ドルを売っている人は大きな損失を被ります。円安になるのか、円高になるのか見極めが大切です。

レバレッジではロスカットによって損失を被ることがある

先物取引と同じですから、高いレバレッジでは予想に反して損失の方向に動いて、損失額が預けてある保証金(証拠金)でまかないきれなくなった時、強制的に決済されることがあります。これを「ロスカット」といいます。このようにならないために、早めの損切り(損を承知で取引をやめること)が必要です。大きく損失を出さないことが肝要です。

最初は低レバレッジで始める

高いレバレッジでは、ロスカットされる率も高くなります。慣れるまでは低いレバレッジにするべきです。

スワップ金利でも為替動向注意

スワップ金利でも、保有していれば安定的に利益が得られると安心していてはいけません。外国為替が大きく動いて、為替差損がスワップ金利で得られる利益よりも多くなってしまうことだってあります。