敷地内の下水溝は本当に清掃する必要があるのだろうか

最近飛び込みの業者が、無料で下水溝の点検をしますと言って、頼んだら案の定問題点を指摘してきました。下水溝のマスを空けて、コンクリートが痛みかけて汚れているというのです。1万5000円できれいにクリーニングしますというのです。検討しますと言ったら、決まったら電話してくださいと名刺を置いていきました。

回りの家も点検して、何軒かは早速クリーニングを始めました。1万5000円がそれほど高額でないから、とりあえずクリーニングしておこうかという気持ちになったのでしょう。

疑問を抱いた私は、この一帯の家の建築時に水道周りの工事を請け負った地元の水道工事屋さんに行って相談してみました。「必要ありません」という即答がかえってきました。下水がつまって流れなかったり、木の根が食い込んでコンクリートに穴があいて漏れるような場合は問題あるが、そうなってからでも同じことですぐに修理します、ということでした。

無料点検と称して問題とならないような問題点を指摘し、人々の不安を煽って余計な出費をさせる業者の一つだったようです。それでも高額ではないので許せる範囲か。確かにクリーニングは一人が半日かけて丁寧にやっているようです。

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください