私たちが食事で摂取した脂肪や糖分は、血液の中に流れてエネルギーとなって、体を動かすことに使われます。そして余った糖分や脂肪は体脂肪として体内に蓄えられます。これが増えすぎると肥満ということになります。肥満を防ぐには、運動をしてエネルギーとして脂肪や糖分を消費するしかありません。糖分が脂肪に変換するのを抑制する飲み物(トクホ)やサプリメントはあります。しかし、一旦体脂肪として蓄えれれた脂肪は、これらの飲み物やサプリメントでは取り除くことはできません。この状態がいわゆるメタボ体質(メタボシンドローム)ということになるのでしょう。

有酸素運動でメタボ解消

では、不幸にして体脂肪になってメタボ体質になってしまったら、この体脂肪を取るには有酸素運動で、脂肪と酸素を結合させて燃焼させるしかありません。脂肪や糖分を体脂肪に変換させるのを抑制する飲み物やサプリメントはいっぱいありますので試していただくとして、ここでは不幸にしてメタボリックシンドロームに陥った人が、有酸素運動を飽きずに続けられるグッズ、あるいは有酸素運動と平行して効果を増進させるグッズを紹介します。

有酸素運動は長い時間持続することが必要です。なぜなら、運動開始から20分ぐらいしてからようやく脂肪が燃焼し始めるからです。ですから、急激なきつい運動をするより、ジョギングやウォーキングなどの緩やかな運動を長い時間続けることが必要です。

有酸素運動にどのようなものがあるかは、こちらのページをご覧ください。

有酸素運動とは?種類一覧&ダイエットに効果的な運動をご紹介

代表的なのが、ウォーキングやジョギング、自転車などです。しかし、有酸素運動を持続させるにはかなりの忍耐力が必要です。覚悟を決めてとりかかる必要がありそうです。

一方で、ウォーキングやジョギングなどは、外に出ないとできません。室内でできる有酸素運動はないものでしょうか。

有酸素運動に効果のあるフラフープ

フラフープは室内でできてランニングと同じ効果のある有酸素運動です。テレビを見ながらでもできます。1000円台から買えて、費用も安くすみます。

フラフープのダイエット効果や方法を紹介しているページをごらんください。

フラフープダイエットの効果と方法を徹底解説!

まったくの初心者には軽量のフラフープから始めるのがよいようです。私も試してみましたが、重いフラフープですとすぐに落ちてしまい、回すタイミングをつかむのが難しいです。

たとえば右の写真のフラフープは、長さ調節できて、重さも330g~380gです。

子供から大人まで使えます。

 

 

 

私の経験から、回すタイミングをつかむようになったら、ある程度の重みがあった方が、遠心力を利用して回転を継続させやすくなります。

こちらのフラフープは重さ1000gです。やはり、1000g以上あった方が回転の継続がしやすいようです。こちらも長さ調節できます。慣れてくると、ある程度長い(直径が大きい)方が楽に回しやすいようです。

 

 

 

右のフラフープは、ウレタン被膜がしてあるため、落としても大きな音がしません。マンションなどで下の階に気兼ねなくできます。

 

 

 

有酸素運動と平行して効果のあるサプリメント

有酸素運動には、ここで紹介するサプリメントを併用すれば、効率的に体脂肪を減らすことができるでしょう。

カルニチン αーリポ酸

カルニチンは、分解された脂肪を燃やす働きのあるもので、体脂肪や食事からの脂肪の燃焼を促します。有酸素運動前に飲むと代謝が活発になり、より効果が上がります。αーリポ酸も同じ効果があります。

なぜカルニチンが体脂肪を減らす効果があるかは、次のページを見るとそのメカニズムがわかります。

脂肪を燃やすアミノ酸「カルニチン」について

簡単に言うと、脂肪細胞から放出された脂肪酸は、血液によって細胞内にある「ミトコンドリア」によってエネルギーに変えられます。しかし、そのままでは脂肪酸はミトコンドリアに入り込むことはできないで、カルニチンの助けがあって、はじめて入り込むことができるということです。カルニチンは、若い時は体内で生成されますが、歳とともに生成されなくなてくるようです。L-カルニチンとD-カルニチンがあって、脂肪燃焼作用があるのはL-カルニチンです。一般にカルニチンというと、L-カルニチンを意味します。

一方、α-リポ酸は、細胞内でエネルギーを発生するミトコンドリア内で脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。αーリポ酸は抗酸化作用もあります。

医薬品から食品へ。『α‐リポ酸』

またαーリポ酸とカルチニンを併用するのもより効果的のようです。

αーリポ酸のダイエット効果

αーリポ酸とカルチニンの関係

カルニチンとα‐リポ酸は、薬局で求めることができます。ネットでも入手できます。

 

 

 

 

 

肥満遺伝子検査で遺伝体質に合った効果的減量

肥満の要因には、環境要因と遺伝要因がありその比は 7:3 であると言われています。環境要因の方が多いですが、環境要因だけでは解決しない場合もあります。一方で遺伝要因は変えることはできません。ですから、変えられない遺伝体質を知ることで、体質に基づいた効果的な減量方法がわかれば、それを実践するのも賢い手段ではないでしょうか。

世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題のDNA SLIM。簡単遺伝子チェック

は、郵送検査で、5種類の肥満遺伝子をチェックして、約15営業日でレポートが閲覧できます。レポートでは、自分に合った食事のアドバイス、運動のアドバイス、ダイエットプラン、食行動判定結果がわかります。

検査キットを申込み、キットが届いたら検体を採取して郵送するだけです。

数々のダイエットを試みてみたけれど効果がない、そのような方は一度試してみてはいかがでしょうか。