性感染症(STD)は、セックスをはじめとする性行為などによって感染する病気のことです。特別な病気ではありません。自覚症状がない場合も多く、知らずにパートナーに移してしまうこともあります。正しく知って自分と大切な人を守りましょう。

しかし、「もしかしたら・・・」、「そういえばあの時・・・」と心当たりがあって心配だけれども、性病科を受診するのは恥ずかしいと思われる方も多いでしょう。また、受診しようと決心しても、なかなか時間がとれないという方もいるでしょう。誰にも知られずに手軽に受けられる検査はないものでしょうか。そのような要望に応えるのが「郵送検査」です。

結果が陰性であれば安心します。安心のために検査を受けてみるのもいいでしょう。もし万一陽性となったら、その時に専門の病院を受診すればよいわけです。もちろん専門の検査技師が正確な機器で検査していますので、検査結果は信頼できます。

STDの郵送検査機関

ここで紹介するのは、次の2つの機関です。

さくら検査研究所

予防会

2つの機関とも、検査内容や手続きはほぼ同じです。

検査できるSTD

郵送検査で検査できるのは、以下のSTDです。

エイズ(HIV)
B型肝炎
C型肝炎
梅毒
トリコモナス
カンジダ
クラミジア
淋菌
咽頭クラミジア
咽頭淋菌

自分がどの症状に相当するかわからないと思いますので、その時は「・・・女性セット」「・・・男性セット」というように、いくつものセットが用意されていますから、その中から自分に一番近いセットを選ぶとよいでしょう。

性病検査のエキスパート!さくら検査研究所
性病キットの予防会

検査の受け方

検査は以下の手順で受けます。

1.検査の申し込み

検査の種類を選択して下記Webの中のフォームから申し込みます。

さくら検査研究所
予防会

2.検査キットを発送(検査機関)

申込者からの支払いが確認されると、指定された検査に必要なキットを発送します。

3.検体を採取(申込者)

取扱説明書に従って検体を採取します。

4.検体を返送(申込者)

返信用封筒に採取した検体を入れて早めに送ります。返送費用は無料です。

5.検査の実施(検査機関)

専門の検査技術者が、検査手順に従って検体の検査を実施します。

6.検査結果の報告(検査機関)

検査結果をEメールと郵送で報告します。

7.検査結果の受領(申込者)

Eメール、郵便で結果を受領します。

プライバシーは安全

個人情報は安全に保護されています。さくら検査研究所はプライバシーマークも取得しています。

自宅で誰にも知られずに検査ができます。匿名検査も可能です。

送られる郵便物は、中身がわからない表記となっていますので、他人に知られることはありません。

さくら検査研究所では郵便局留もできますし、予防会では「ヤマト営業所」の指定もできますので、家族にも知られずに受けることができます。