日本商工会議所の簿記検定試験は、昔から有名な試験ですね。しかし、借方・貸方とか、仕訳とか、商業高校や経済・商学関係の大学を出た方でないと馴染みがなく、敬遠されている方も多いのではないでしょうか。私もその一人でしたが、この検定試験に挑戦してみようと、参考書を買ってじっくり勉強してみましたら、意外とすんなりと理解できました。さらに良いことには、財務諸表や損益計算書の各勘定科目の意味が完璧に理解できたことです。財務諸表、損益計算書は、仕事の必要から一通りは学びましたが、正直いって科目の意味するところは明確には解っていなかったのです。
簿記検定試験会場は、確かに高校生など若い人が多いですね。1級ならば年配の方も多いいでしょうが、2級あたりまでは若い人ばかりで恥ずかしい気もします。しかし若い人達に囲まれて、気持ちも若返るのではないでしょうか。

スポンサー・リンク

 試験はどう行われるか

試験の種類は、1級、2級、3級、4級の4つで、それぞれ次の役割を前提にしています。
4級:商業簿記の入門的知識を有しており、勘定科目による仕訳ができ、小規模小売店の経理に活用できる。
3級:個人企業における経理担当者・経理事務員として必要な商業簿記の知識を有している。経理関係書類が理解でし、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる、
2級:中小企業の経理担当者・経理事務員として必要な商業高校卒業程度の商業簿記、工業簿記の知識を有している。財務諸表、損益計算書が理解でき、企業の経営状況を把握できる。
1級:大学卒業程度の商業簿記・工業簿記・原価計算・会計学の知識を有している。財務諸表規則・企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。1級は、公認会計士・税理士試験の受験の前提となります。
試験は年に3回、6月、11月、2月に実施されます。(2月は1級はなし、4級を実施しない所もあります)
申し込みは地域の商工会議所で受け付けていますが、申し込み方法は商工会議所によって異なりますので、申し込み時期になったら、地域の商工会議所あるいはインターネットで確認します。

勉強方法は

やはり学校行くか、通信講座を受講するのが最短でしょう。

私は、良い参考書に出会えれば独学でも十分できると思います。私の場合は下記の参考書で理解できました。
・日商3級簿記最短集中ゼミ  浜田勝義 かんき出版
・日商3級簿記精選問題集   浜田勝義 かんき出版
・日商2級商簿最短集中ゼミ  浜田勝義 かんき出版
・日商2級商簿精選問題集   浜田勝義・川辺洋二 かんき出版
・日商2級工簿最短集中ゼミ  浜田勝義 かんき出版
・日商2級工簿精選問題集   浜田勝義 かんき出版
2級からは、商業簿記(商簿)と工業簿記(工簿)に分かれます。(工簿が加わるということです)

全て浜田さんに頼ったわけですが、もちろんこれは私の場合。あなたに適している参考書を探してみてください。