任天堂とNiantic社がアメリカで発売したポケモンGoが爆発的人気だ。

任天堂とNiantic社がアメリカで発売したポケモンGoが爆発的人気だ。リアルとバーチャルをドッキングした画期的な商品だが、使用者に現実と非現実を錯覚させる危険性をはらんでいる。すでにアメリカでは、ポケモンGoに熱中するあまり交通事故を引き起こすなど、様々な事件を引き起こしている。日本で歩きスマホに注意を呼び掛けても一向に改善されないように、ポケモンGoの使用に注意を喚起しても効果はないだろう。 このゲームは画期的であるだけに、これまでの常識では気づかないリスクをかかえていると私は考えます。テロに利用されてとんでもない事件が生じる可能性もあります。この点でドローンも同じです。 もしポケモンGoが原因で予測できない事件に発展したら、訴訟大国のアメリカやヨーロッパ諸国から莫大な賠償を請求されることが予測されます。こういった事態に備えた任天堂のリスク管理は万全なのだろうか。日本でも発売が予定されています。我々は他人事ではいられません。今後の動きに注意していく必要があるようです。

https://www.nijinohashi.info/fromnews/nintendo/

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください