調布飛行場の悲劇

26日調布飛行場で小型飛行機が離陸に失敗して、乗組員と滑走路下の民家に住む方の死亡に至る大きな事故につながりました。なぜ平穏な市街にこのような事故が・・・。

かつて情報サービス産業の企業に勤めていた時、航空会社のシステムを開発していた人からこんな話を聞きました。航空機が飛び立つときの重要な判断基準として「take off」の考え方がある。ある一定の地点で、機長が離陸するか離陸をやり直すか判断する基準がある。その地点で定められた速度に達していなかったときは離陸をやり直さなければいけないというものです。

今回の調布飛行場の場合、機長がこれを見逃のがしていたか、または、離陸をやり直しても民家に突っ込む危険があると判断して強引に離陸を試みたのでしょうか。調布飛行場はかつて1kmあった滑走路が800mに短縮されています。飛行場の設備そのものにも問題がありそうです。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください