1役員に166億円の報酬-暴利を貪るソフトバンク

ソフトバンクの、代表取締役副社長ニケシュ・アローラ氏に166億円の報酬が支払われているようです。法外な報酬だと思いませんか。いくら功績があったからって、日本でこれはないでしょう。元グーグルの副社長だったそうですが、それが業績にどのように反映していますか。孫正義氏の個人的な満足感だけじゃないですか。実際努力しているのは、給与水準の低い非正規雇用者でしょう。努力している人たちに還元しないで、1役員に166億円という法外な報酬を払う会社って、どうなっているんでしょう。腹立たしくなります。

私たちはこんな会社の製品やサービスを利用しないようにすべきだと思います。私はソフトバンクの製品やサービスを使わないようにします。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です