多摩川のアユを守れ

多摩川の水がきれいになって、アユが戻ってきているという。アユだけではない。マルタというマス科の魚、サケの遡上も見られるようになった。

しかしこれを脅かす事態が生じている。観賞魚として飼われていた肉食の外来魚を、飼いきれなくなって多摩川に捨る心無い者がいるのだ。これらの外来魚が、ブラックバスのように繁殖してアユを食べつくすようになっては大変だ。捨てないようにいくら呼びかけても後を絶たない。もうこのような人達の倫理観に頼ってはいられない。捨てられると危険な肉食外来魚の販売を禁止すべきだ。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です