やったね!あかつき金星衛星軌道再投入

2010年12月7日、金星探査機あかつきの衛星軌道投入に失敗の後、5年後の今年の12月7日に再投入を試み、10日に金星の衛星軌道に入ったことが確認されました。悪条件が重なる中で難しい挑戦だったと思います。

はやぶさの時も、一度は見失った機体を見つけて、厳しい条件の中でイトカワ着陸を試み、みごと地球に帰還させました。今回も、メインエンジンを失ってから、方向制御用のサブエンジンを使い、あらゆる可能性を駆使して金星の衛星軌道に乗せることに成功しています。日本の宇宙航空技術はたいしたものだと思います。

この衛星の軌道制御のために、廣瀬史子さんが、2年半の間毎日まいにち、何万通りもの軌道計算をしたと聞きます。その中の一つが今回の軌道修正に用いられて成功したわけです。廣瀬さんがインタビューに答えておっしゃっていました。「主人が豆乳鍋を作ってくれて、『投入でしょう?』と言って家族で食べました」 家族の暖かい支えもあったのでしょうね。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください