2016年5月27日午後5時、伊勢志摩サミットを終えたオバマ大統領は、アメリカの現職大統領として初めて広島の地に降り立ちました。

2016年5月27日午後5時、伊勢志摩サミットを終えたオバマ大統領は、アメリカの現職大統領として初めて広島の地に降り立ちました。中継を見て非常に感銘を受けました当然のことながら謝罪はありませんでした。これからもアメリカからの謝罪はないでしょう。アメリカで戦争の犠牲になった人たちの論理からすれば、それは当然のことでしょう。 大きな犠牲を負った広島、長崎の原爆犠牲者からすれは、憎んでも憎みきれないこともわかります。しかし、今回のオバマ大統領の広島訪問で、その憎しみも少しやわらいだのではないでしょうか。 私は憎むべきはアメリカではなくて、「一億総玉砕」などと愚かな思想を掲げ、アメリカに原爆投下を決断させるまで追い込んだ日本の軍部にあると思います。その首謀者は、東京裁判ですでに処刑されています。処刑が日本人の手で行われたのではなく、アメリカをはじめとする連合国によって行われたことに悔いは残りますが・・・ 私たちは、憎しみを乗り越えて未来に向かって進まなくてはなりません。そして、再び戦時中の愚かな軍部のような危険思想を排除するよう不断の努力をしていかなければなりません。それが、大きな犠牲を強いてしまった広島、長崎の原爆被害者に対する供養だと思います。 写真は全て2016年5月27日のNHK中継画像より

https://www.nijinohashi.info/fromnews/%e6%84%9f%e5%8b%95%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%81%ae%e5%ba%83%e5%b3%b6%e8%a8%aa%e5%95%8f/

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください