スコアメーカー小技集

KAWAI のスコアメーカーは優れた楽譜制作ソフトと思います。しかし、リファレンスマニュアルに書いてなくて、こんな時どうするのだろうと思うことがあります。そんな時私が発見した解決方法、Q&Aから得た解決方法などを紹介します。

使用しているソフトは、

スコアメーカー7Pro 7.0.024

です。これ以降の製品では解決されているかもしれません。

全休符を長い小節に連続して入れる

オーケストラスコアを作っている時に、休みのパートが空欄のまま残ってしまいます。ここに全休符を一つずつ入れていくのはたいへんです。

こんな時は、どれか1小節に全休符を入れて、この小節を選択します(ダブルクリックする)。すると小節がオレンジ色に変わります。これをコピーします。(メニュー>編集>コピー)

次にコピー先の小節を選択します。(コピー先の先頭小節をダブルクリックで選択し、続いて終わりの小節をダブルクリックで選択する)この時複数の小節を選択するのが鍵です。

この状態で貼りつけます。(メニュー>編集>貼りつけ)

複数小節にコピーすることができました。

このとき気を付けることは、リハーサルマークや速度記号など、小節に付属している記号などがない小節を選択することです。このような小節を選択すると、記号までが貼りつけた全ての小節にコピーされてしまいます。

スラーの形が不自然なのを補正する

スラーを記入したとき、このように弧が丸くなりすぎてカッコ悪くなるときがあります。タイの場合はこんなことは起こらないようです。

このようなときは、スラーを選択しますと、このように四角形のインジケータが現れますので、これを操作して弧の形を整えることができます。使う四角形は音符から離れている方です。音符に接触している四角形は別の用途で使いますが、それはあとで説明します。PowerPoinnt と同じ使い方ですね。

四角形をこのように動かして弧の曲がりを緩やかにします。

このように美しい弧になりました。

これを一つひとつ補正していきます。今のところこれを効率よく進める方法が見あたりません。KAWAI さん、良い方法があったらコメントしてください。

逆に、次のようにスラーが扁平で音符にかかってしまう場合があります。

この場合は、四角形を音符から離します。同時に音符に接触していた四角形も上に移動して音符から離すこともできます。

ただしこの場合は、最初からスラーの最初を音符の符尾の上に持ってくることできれいに引けます。

テヌートとタイを同時に指定すると重なってしまう

次のようにテヌートとタイの記号を同時に指定すると重なったり逆になったりしておかしくなります。

これで我慢してもらってもいいのですが、ソーソとかシーシはどうもいやですね。この場合も上の手法で、タイを選択した時に表示される四角形を移動して調整します。

この場合は4つの四角形を移動します。

かなりめんどうです。たくさん出てきたときに、一いちやっていたら時間がかかります。
KAWAI さん、見ていたら良い方法コメントしてください。

音符の片方がないタイやスラーを表示する

アタッカなどで楽章にまたがるタイやスラーを入れる時など、音符の一方がない場合があります。タイやスラーは、始めと終わりの2つの音符がないと引けません。このような時は、発想記号の中にあるこのマークを使います。

タイやスラーの始めの音符をクリックして決め、伸ばしていき、適当なところでクリックして止めます。

 

 

 

このように入ります。

次の楽章に入る音符はこれとは逆の操作をします。つまり、入ってくる方向の何もないところをクリックして決め、終わりの音符でクリックするわけです。

 

以降は、スコアメーカーPlatinum で試したものです。

パート譜に他のパートのメロディーを小さく表示する

パート譜を作成していて、長い休符のあと出る時に、他のパートのメロディーがあるとわかりやすいことがあります。他のパートの音符を小さく表示するにはどうしたらよいのでしょう。

小さく表示したい音符を選択して右クリックし、プロパティを表示します。「サイズ」が100%になっていますので、これを適当な数字にしてエンターキーを押します。

このように小さく表示されます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください