スコアメーカーでピアノの高音部と低音部の強さを変えて演奏する

スコアメーカーでピアノを演奏するとき、低音部の伴奏の音が強くてやかましいと感じることがあります。

たとえば、リチャード・クレイダーマンの「星空のピアニスト」の一部です。

これを演奏するとこのようになります。

高音部が高い音になるので小さくなり、低音部の伴奏が耳につきます。

次のように、高音部と低音部の強弱記号を別々に指定して演奏しても、低音部だけ弱くなるということはありません。

では、伴奏が自然に聞こえるようにするにはどうしたらよいでしょう。

スコアメーカーPlatinum 以上でしたら次の方法があります。

強弱記号を選択して右クリックし、プロパティを表示します。右のようなプロパティが表示されます。

この「詳細設定」の「設定」をクリックします。

「演奏記号の設定」ポップアップが表示されます。左上の「演奏方法」を選択します。

「特定五線」にチェックを入れます。

こうすることで、高音部の mf と、低音部の mp を独立に指定できます。必要があればさらに「ベロシティ値」を調整します。

こうして調整した、先ほどのリチャード・クレイダーマンの「星空のピアニスト」の部分が下のように自然になりました。

このように調整して作った動画がこれです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする